お金借りるならどこがいい?あなたに最適なカードローン診断

お金借りるならどこがいい

お金借りる方法はいろいろあります。
最近のカードローン業界は元からある消費者金融会社に加えて銀行カードローンの金融機関も乗り込んで来ているためサービス競争が激化してきています。

 

消費者にとってはサービスが増えているので、いろいろ選択ができて嬉しい事ではありますが、逆にたくさん有り過ぎて選択に困ってしまうケースも多いです。

 

本サイトではそんなユーザーのためにカードローンのサービスをわかりやすく説明すると供に、是非利用した方が良いサービスも紹介していますので参考にして下さい。

 

お金借りるカードローンは大きく分けて【消費者金融】と【銀行カードローン】の2種類があります。
それぞれにメリットがありますので、自分に合ったカードローンを利用することが大切です。

 

加えて消費者金融も銀行カードローンも様々な便利でお得なサービスを繰り広げています。
即日審査・即日融資サービス
無利息ローンサービス
レディースキャッシング
WEB完結申込サービス

 

自分に合ったサービスを利用すると借入も返済も楽になりますので是非、利用願います。
金融会社で選ぶとわからなくなるので、自分が利用したいサービスで選択するとわかりやすいと思います。


 

即日お金借りるサービスが揃っているオススメ会社

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

・借入利率:4.5%〜17.8%
・借入限度額:500万円
即日審査即日融資も可能!
 平日14時までにWEB申し込み完了で即日融資も可能!
 ※さらにネットで申し込んで審査通過後に自動契約機に行けば、
14時過ぎても借りられる!
土・日・祝日でも借りられる!
※申し込みの時間帯によっては、当日中の融資ができない場合もあります。


30日間無利息サービスも実施中!
 初めてプロミスを利用する方は30日間無利息サービスが利用できます。
 利息が不要なので大変お得です!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録は必要)

↓↓サービス豊富プロミスで検討する!↓↓

プロミス

>>プロミスの詳細情報はコチラから!<<


●人気のプロミス レディースキャッシングも利用可能!
 女性の方でしたらサービスは同じで、専任の女性オペレーターが対応してくれる
 レディースキャッシングも人気があります。

プロミスレディース

>>プロミスレディースの詳細情報はコチラ<<

[口コミ情報]
(30歳代女性)
・土曜日にWEB申し込みして、自動契約機でその日の内にお金を借りれた!
・レディースキャッシングで丁寧な案内で安心して借り入れすることができました。
(20歳代サラリーマン)
・初めてで不安だったけど無利息サービスを使えて助かった!

 

アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)

はじめてのCMで有名なアコムのキャッシング内容の詳細です。
キャッシング会社の老舗であり、確かなサービスと実績で利用者は多いです。
・実質年率:3.0%〜18.0%
・借入限度額:1万円〜800万円
金利0サービス実施中!
・アコムの利用が初めての方に限りますが、利息がかからないのでお得です。
3秒診断
・借入可能性がスグわかる!
・まずはHPの3秒診断で、融資の可能性を確認可能です。
即日融資に対応
・アコムは申し込みから振込みまでが早いと評判です。
・インターネットからの申し込みだと最短30分で審査が終了!
※即日振込を利用するためには、14時までに必要書類の提出が必要です。


↓↓はじめての方にも優しいアコムで検討する↓↓

アイフル

>>アコムの詳細情報はコチラから確認できます!<<

 

モビット(三井住友銀行グループ)

モビットには便利な2つの申し込み方法があります!!
「WEB完結申込」で誰でにも知られずにキャッシングする。
「10秒簡易審査」で即日審査・即日融資でスグにお金を借りる。
・実質年金利 :3.0%〜18.0%
・借入限度額 :800万円


WEB完結申込
職場に電話連絡無し!
自宅に郵便物も無し!
※誰にもバレずに安心してキャッシングの申し込みが行えます。
※カードレスなのでカードを見られたり、無くしてしまう心配もありません。
(WEB完結申込の利用には三井住友銀行まとは三菱東京UFJ銀行の普通口座が必要です。)


10秒簡易審査
10秒簡易審査でスムーズな取引が可能!
※10秒審査は事前審査の結果表示になります。他社の簡易診断とは異なり審査が迅速です。
モビットの申し込みフォームはシンプルで入力項目も少なくスマホですぐ行えてしまいます。


即日審査・即日融資も可能!
※平日14:50までに振り込み手続きが完了できれば即日融資も可能!
(審査の結果では希望に添えない場合もあります。)


↓↓誰にもバレずに内緒に借りれるモビットで検討する↓↓

>>モビットの詳細情報はコチラから確認できます!<<

消費者金融と銀行カードローンのカードローンの特徴整理

 

お金借りるならどこがいい

お金借りる時に利用するカードローンは大きく分けて消費者金融系のカードローンと銀行カードローンのカードローンの2種類があります。

 

消費者金融系のカードローンは、従来から消費者にお金を貸して利息を得るのを生業としているので、即日融資などのサービスが充実しています。

 

もう一方の銀行カードローンはローンを組むのはプロ中のプロであり、法人向け融資、住宅ローンなど従来から行われていますが、最近では個人向けのカードローンサービスにも力を入れています。

 

消費者金融系カードローンの特徴

即日審査即日融資のサービスに於いては、消費者金融の方がアドバンテージが高いです。

 

銀行カードローンカードローンの審査が速くなってきたと言っても、そこは銀行カードローンなので融通が効かない部分も多々あります。

 

その点、消費者金融は従来から消費者のためにお金を貸すサービスを行ってきていますので、即日審査・即日融資関係のサービスも行き届いています。

 

他にも消費者金融機関ではお金を借りているのに利子が必要ない「無利息キャンペーン」

 

電話確認も無し!郵便も無し!WEB完結申込といったサービスなど利用する側に嬉しいサービスが揃っています。

 

銀行カードローンカードローンの特徴

銀行カードローンカードローンの特徴は何と言ってもその豊富な資金力から来る低い金利余裕の限度額が上げられます。

 

加えて普通預金でも使っている方が多いので、身近な存在であり安心感も高いです。

 

消費者金融機関の場合は、最大金利18.0%の会社が多いですが
銀行カードローンでは最大でも14%以下のの会社ももあります。

 

借入限度額に関しては、大手消費者金融のプロミスやアコムでも最大で500万なのに対して
みずほ銀行カードローンの場合などは余裕の1,000万円まで貸し出しが可能になっています。

 

お金を借りる上で、金利借入限度額は一番重要な部分であり、
豊富な資金力をバックに金利と限度額に利点のある銀行カードローンのカードローンは魅力がいっぱいです。

 

このように銀行カードローンカードローンでは魅力が沢山ありますが、
最近ではこれに加えて、即日審査即日融資にも力を入れています。

 

お金を借りる予定の銀行の普通預金口座を予め持っていて審査も問題無ければ、
銀行カードローンのカードローンでも即日に借りることが可能になってきています。

 

銀行カードローンカードローンと消費者金融系カードローンのまとめ

以上のように銀行カードローンカードローンも消費者金融系のカードローンもそれぞれに特徴がありますので、
自分に合ったカードローンを選択することが可能です。

 

ただカードローン会社が多いことに加えてサービスも多過ぎて混乱してしまうと思います。
本サイトではその会社ごとのサービスの特徴をわかりやすく説明していますので参考にして下さい。

 

わかりやすく言いますと、

 

急いで借りたい方は消費者金融系のカードローンが向いています。

即日お金借りるサービスが揃っている大手消費者金融ランキング

 

何が何でも金利が下げたい方は銀行カードローンのカードローンが向いています。

低金利で総量規制対象外の銀行カードローンランキング

 

ただどちらにしても審査に通らなければ希望するカードローンは選択できないので審査条件の確認は重要です。

 

↓↓お金借りるならどこがいいのオススメ会社はコチラから↓↓

お金借りるならどこがいい


 

「総量規制」とは! お金借りる前に確認が必要なこと

総量規制

総量規制とは、賃金業法改正によってグレーゾーン金利廃止とともに施策された法律です。

 

簡単に言うと、借り過ぎを防止する法律であり、借入金の限度額に制限しています。

 

総量規制とは、賃金業法改正の目的の一つである多重債務問題を解決するためのもので、

 

一部の例外を除き、基本的に全ての貸金業で収入の証明を求められるように成りました。

 

ただしいくつか規制対象外のものがあり、貸金業法改正の規制強化よって見直されている融資方法というのも存在します。

 

総量規制の除外項目

例えば、借り換えローンおまとめローンなどの名称で提供されているローンは、多重債務者を救うために総量規制で優遇されています。

 

具体的には、おまとめローンや借り換えローンの場合は、金利などの面で以前より利用者に一方的に利益が上がると考えられる融資の場合は、貸金業法であっても規制から除外されることになっています。

 

そのため、銀行カードローンや消費者金融の各社では、借り換え目的のローンも盛んにサービスが開始されるようになりました。

 

総量規制と銀行カードローン

また総量規制の除外項目とは異なるのですが、例外として銀行は銀行法によって規制されているので、総量規制の対象外となっています。

 

銀行カードローンは、不況などによって企業への融資や住宅ローンといった売れ筋のサービスが芳しくない状況になった背景があります。

 

そのため、銀行が消費者金融を買収するなどして、個人向けローンに参入するひとつの要因と成りました。

 

お金借りるまえに大切なこと

賃金業法は、お金を借りる時に重要な法律となりますので、
お金を借りる前にしっかり確認して置くことが大切です。

 

賃金業法は、日本賃金業協会のHPがわかりやすいので参照願います。

 

↓↓お金借りるならどこがいいのオススメ会社はコチラから↓↓

お金借りるならどこがいい


[お金借りるならどこがいい]関連情報

[お金借りるならどこがいい]関連情報